レストラン検索
レストランの検索
お問い合わせ
デリバリーレストランの出店に興味がある方はこちらSCROLL

CONTACT

内覧やオンラインセミナーのお申し込みは
こちらにご記入の上送信してください。

その他お問い合わせがある方はご記入ください

送信

料理のご注文に関するお問い合わせは
お電話では受け付けておりません。

今、フードデリバリーに懸ける価値とは?

人々の食生活は急速な変化の只中にあります。
デリバリーは自炊・外食の二択と肩を並べ
今もなお需要が高まり続ける現状に対し、
デリバリービジネスの地盤はまだ固まっておらず
成功の糸口が掴めないまま
撤退する事業者は後を断ちません。

日本でのデリバリー市場はまだ始まったばかり。
成功者は徐々に、そして確実に生まれています。

あなたが諦めずに挑戦を続ける限り、
培ってきたノウハウとデリバリーに適した環境で
わたしたちは何度でも、
全力でサポートを続けます。

立ち止まるのも、諦めるのも、
挑戦に踏み出すのも、あなたです。

あなたの美味しい料理を
1人でも多くの方へ届けるために、
一緒にデリバリーで戦いましょう。

挑戦しよう、何度でも

デリバリーに挑戦する意味
KitchenBASEができること
WHY
DELIVERY
デリバリーに
挑戦する意味

偶然にも脚光を浴びたデリバリーですが、それは必然の流れを後押ししたに過ぎず、今こそ挑戦する時であるとわたしたちは考えます。デリバリーは副業ではなく、ひとつのビジネスの軸として成り立つ可能性を秘めています。

1.

実店舗よりも格段に 低コスト、低リスク

物件探しに始まり、内外装のデザイン、設計など…実店舗は大変な時間と労力、そして資金が必要ですが、デリバリー専門店はキッチンさえあれば営業を始められます。 シェアキッチンや居抜き物件などを活用してコストを大幅に削減。退去時のリスクも抑えられます。

2.

売上や閲覧数などを データで確認できる

実店舗でもある程度のデータや、スタッフの記憶・感覚で常連のお客様を把握することはできますが、デリバリーならこれまでの注文や閲覧数などがすべてデータとして残ります。

実店舗ではお店の様子をのぞいていた人、店頭のメニューを見ていた人の数すべて把握するのは難しいですが、デリバリーなら閲覧数、クリック数なども数値として残るため、新規顧客獲得のための戦略の道筋が立てやすくなります。

3.

席数に制限がないため 「満席」がない

デリバリーと実店舗の大きな違い、それは客席がないことです。お客様と顔を合わせないことはデメリットにも感じますが、「満席」がないということでもあります。オペレーションが回る限り、配達圏内からの注文はいくらでも受けることができます。

料理の美味しさ、完成度を保った上で、いかにオペレーションの効率を上げられるかが重要なポイントになります。

4.

様々な料理やメニューに 挑戦できる

例えば、和食のお店を開業した後にイタリアンを作りたくなったら、新しい店舗を開くことを考えます。デリバリー専門店なら、実店舗よりはるかに簡単にお店を開くことができるので、新しい可能性へ挑戦する最適な環境と言えます。

もしうまくいかなくても、デリバリーなら店舗を取り下げることも簡単です。データなどを活用して改善し、また新たなお店を開きましょう。そうして蓄積されたデータと経験が、より大きな成功の鍵となります。

5.

今後も成長が予想される デリバリー市場

2020年を境に一気に成長が加速したデリバリー市場ですが、今後もさらなる成長が予想されています。

2021年2月の段階でデリバリーサービスを利用したことがある人はまだ3割程度、そしてこれから利用したい人は5割近くにも上ります。国内におけるデリバリービジネスの挑戦は、まだ始まったばかりです。

デリバリーについてもっと知る
フードデリバリー(出前)に焦点を当てたビジネスとは何か、そして成功させるには?MAGAZINE

フードデリバリー(出前)に焦点を当てたビジネスとは何か、そして成功させるには?

こんにちは、キッチンベース(KitchenBASE)です。 レストラン・飲食産業は激動期を迎えています。最新技術の組み合わせ、革新的なアイディア、忙しいライフスタイルにより外食の需要は減少し、フードデ

> もっと見る
ゴーストレストランとは? | 開業方法や営業許可、必要な資格をご紹介MAGAZINE

ゴーストレストランとは? | 開業方法や営業許可、必要な資格をご紹介

こんにちは!KitchenBASE(キッチンベース)です。 店舗をもたずに飲食店を経営する「ゴーストレストラン」。 新型コロナによるデリバリー需要の高まりとともに、日本でも飲食業界の新たなビジネスモデ

> もっと見る

内覧やオンラインセミナーのお申し込みも随時受け付けています。
お気軽にお問い合わせください!

その他お問い合わせがある方はご記入ください

送信
WHAT
WE CAN
KitchenBASEが
できること

デリバリーの急成長に比例して多くのクラウドキッチンが生まれました。KitchenBASEは2019年にサービスを開始、2022年時点で国内最大のキッチン数を誇ります。
KitchenBASEでは専有できるキッチンをご用意し、本気でデリバリーをはじめる方の“BASE”となるサービスをご提供します。

初期費用の低減
設備費用の圧縮
初期費用の低減
設備費用の圧縮

初期費用の低減 設備費用の圧縮

KitchenBASEなら費用は通常のレストランの1/10以下、開業までの期間も大幅に短縮できます。

*いずれも営業開始日までの期間です。
ワンオペレーションの実現
管理コストの削減
ワンオペレーションの実現
管理コストの削減

ワンオペレーションの実現 管理コストの削減

KitchenBASEは受け渡し専門のスタッフ(ランナー)がいるので、料理に集中できる環境が実現します。

注文が混み合う時間帯は料理の合間にドライバーへの対応にも追われます。 KitchenBASEでは料理を所定の位置に置いておけば、施設のスタッフがドライバーへお渡しします。(施設やキッチンによって異なります)

戦略的な立地選定
徹底した分析とサポート
確固たる売り上げ実績
戦略的な立地選定
徹底した分析とサポート
確固たる売り上げ実績

戦略的な立地選定 徹底した分析とサポート 確固たる売り上げ実績

KitchenBASEはデリバリー需要のデータを独自に分析して施設の立地を選定しています。

デリバリーの需要が高い地域と、まだ店舗数が少ない地域の掛け算でデリバリーのチャンスが大きい地域をデータから割り出し、施設展開を進めています。

デリバリーは基本的なポイントを外すと数字が伸びません。売上UPのためのデータを共有し、デリバリーで負けない戦い方をお伝えします。

他社や居抜き物件との比較

VOICES

利用者の声

KitchenBASEを利用している方たちの声を集めました。
最前線の現場から届いたリアルな声をお届けします!

詳しく見る
小田 洋平 さん

顔が見えない状況でもお客様とコミュニケーションをとれることは大きなやりがいです

詳しく見る

内覧やオンラインセミナーのお申し込みも随時受け付けています。
お気軽にお問い合わせください!

その他お問い合わせがある方はご記入ください

送信